実印は住んでいる自治体に登録した判子の事です。またその特性上住民票がある所でしか申請する事が出来ません。引越しをした場合は新たに申請する仕組みになっています。自治体によっていくらか違いがありますが共通してゴム印は変形がし易い等のため登録する事は出来ません。材質の種類は様々ですがデザイン的に自分だけが所持していてコピーが無い判子である事が重要です、よって多量生産型の同型印も複製の意味合いが強い判子なのでこれも登録は出来ないとされます。実印は15歳以上であれば一人につき一本印鑑登録が出来ます。たとえ日本人でなくても外国人登録がされているなら印鑑登録をする事が可能です。出番があるのを挙げると不動産購入等で登記を移転する等の手続きの時使用します。

基本的な実印印鑑の材質の種類とは

印鑑を作るにあたって最もポピュラーなのが象牙を素材にする事です。象牙は印材の王様と言わしめている材料です。その理由として朱肉のノリが優れていて印影の美しさも他と明らかに異なる点があります。他の印材としてはオランダ水牛や天然黒水牛のモノがあります。オランダ水牛の中でも純白オランダ水牛のモノは透明度が美しく純白と呼ばれています。この印鑑は非常に耐久性が高いのが定評でその為あらゆるジャンルの人々から大変な人気がある材質の印鑑です。天然黒水牛も耐久性がある材質です。その漆黒が魅力で見た目に上品さがある為女性に人気があります。年齢層に関係がなくフィットする材質であるのでどんな材質が自分に合うか分からない場合でも天然黒水牛のモノなら誰が持っていても恥ずかしく無いとされます。

印鑑の材質にこだわる場合の種類

一般的には象牙や水牛タイプが基本的な印鑑材質に多いですが勿論他にも存在します。例えば本柘は昔から七五三の様な歴史があり使用されている印材は木で作成されています。植物系の印鑑の中でも繊維が緻密で高度と粘りがあります。日頃の手入れをしっかりする事で長く使える印材です。水晶製はあまり作り手が少ないとされますがダイヤモンドに近い高度を持つのが特徴です。高度が特筆して丈夫である為その壊れにくさの点では最も適している印材です。また水晶はお守りの側面もあります。またマンモス製の印材も存在します。マンモスは既に絶滅している為希少価値が高い物です。その牙はシベリア等から発掘されています。迫力と力強さの内にも上品さがあり象牙に劣らない印鑑としての機能を持ち合わせています。

即日発送が可能です。まずはお問合せください。 大量注文も承ります。大量注文割引も実施中です。 印鑑デザイン無料校正、オリジナルアタリ埋込みサービス可能、宝石開運彫刻などの充実なサービス! 高品質低価格で多くのメディアさんが紹介されている。日本の伝統「和」にこだわったセンスある印鑑も多数ご用意。 熟練した職人がご満足できる印鑑を貴方様にお届け! 【はんこプレミアム】がご要望に合わせた実印を作成致します