実印といってもさまざまな素材が使われています


大切な実印を作る際には、お店選びなども重要になってくるのですが、実際に本体を作る時の素材についても考えてみるようにしましょう。長く使うものですから、手に馴染むかどうかというのは意外に重要です。また、素材が違えば押した時の印象も違いますし、何より見た時の印鑑そのものの印象も違うのです。どんなものを利用するのかは自分の好みで構いませんので、一つ一つ素材を見ていきましょう。印材としてよく利用されるのは木材、そして動物素材として牙や角など、最近はシンプルに金属を使って作る印鑑も人気があります。どれも一長一短ですから、自分の予算や印象などから決めてみるのも良いかもしれません。分からない時には実店舗を見たりお店の人に問い合わせて選んでみましょう。

自然素材としてよく利用されるもの

いろんな素材がありますが、木材は比較的安価でいて耐久性もそれなりにありますから、手頃な値段で作りたい時におすすめです。木目も見ていて心和むものですし、使われている木によっても印象が変わってきますから、持っていても落ち着くのではないでしょうか。また、昔から人気のある素材としてよく象牙も利用されています。貴重な素材で値段としては高いものの、ステータスを求める人や耐久性重視で長く使っていけるものを作りたいという人に使われています。水牛やマンモスなどもあるので、珍しい素材に興味があるのであれば、聞きなれないような素材から選んでみるのも良いでしょう。値段も気になるとは思いますが、長く大事に使おうと思うのであれば、自分らしさを表現できるような素材選びをしてみて下さい。

金属や樹脂での素材も注目を浴びています

近年利用が増えている実印の印材としては、チタンが上げられます。耐久性の高さには目を見張りますし、見た目もすっきりとスマートな印象の印鑑が出来上がります。メタル系の印材もあれば、カラー樹脂などもありますから、こちらは値段的にも安価なので価格を抑えたい時に利用しやすい印材です。琥珀などの樹脂を使ったものもありますので、耐久性を考えつつ値段も気になるときには金属系の素材も利用しやすいので選択肢に入れておくと良いでしょう。末長く使っていくものですから、素材選びには時間をかけられるならじっくりと見て選びましょう。押しやすくても見た目の印象が気になる人もいれば、とにかく耐久性重視で落としたりしても欠け難いほうが良いなど価値観は様々ですから、よく比較してから購入してください。