実印には様々な素材や種類があります


実印とは大切な契約をする際に必要な印鑑のことで、役所に印鑑登録を済ませるようにします。役所で発行してもらえる印鑑証明書を提出すれば、証拠として認められるようになり、難しい取引であっても相手に信用してもらえるというメリットを持ちます。当然ながら、普段の生活で使っている認印とは格式が違うもので、紛失したり、他人に渡さないように厳重に管理をしなければなりません。作成してもらうには実店舗やインターネットのはんこ屋さんに注文するようにしますが、素材や種類を選択する必要が出てきます。世界に一つだけの印鑑を作ることが大切ですので、適当に選ぶのはやめましょう。素材には安価なものから丈夫なものまで揃っており、種類は偽造されにくいものが存在するのが特徴的な部分です。

丈夫さで選ぶならチタンがおすすめ

気軽に交換できる認印とは違いますから、実印は長く使える丈夫な素材を選ぶようにしましょう。丈夫な素材として今とても人気があるのがチタンです。何回使っても欠けることがなく、長期にわたって使っていきたいなら最高の素材です。インクの付きが良く、印影が美しいというメリットも持っています。燃えて灰になったり溶ける心配も少ないという、優れた面があります。古くから丈夫な素材として有名なのが、象牙の素材です。しかし、象牙は輸入が規制されていますので、入手が困難で価格が非常に高くなっています。象牙を求めるのが難しい場合、チタンを選ぶのが良いでしょう。安くてもある程度丈夫さを保ちたいなら、玄武や黒檀、黒水牛などがおすすめです。木の手触りを感じたいなら、薩摩本柘が安くて使いやすい素材です。

偽造されにくい書体を選ぶと安全性が増す

種類として見ていきたいのが書体です。印影を決める部分ですから、好みのデザインにしたくなるものの、実印であれば偽造されにくいものを選ぶのが第一です。偽造されにくい書体の種類とは、複雑な形状をしているものになります。吉相体や篆書体が適しています。吉相体は印相体ともいわれている種類です。吉相体よりも篆書体の方が読みやすい書体になっていますが、偽造を防ぐには読みやすさよりも複雑さの方が求められますから、できるなら吉相体を選びたいところです。とはいえ、篆書体が駄目というわけではありませんので、最終的には好みで選ぶようにしましょう。文字が読みやすい古印体や隷書体は、認印向けの書体になります。書体を複雑にするだけでなく、手掘りの印鑑を作ると、更に防犯性がアップします。